建設・土地有効活用・貸倉庫・貸店舗・貸工場/大阪の吉田鉄工建設

吉田鉄工建設株式会社 資料請求・各種お問い合わせはこちらから
トップページ事業内容会社概要土地の有効活用物件情報各種お問い合わせ
高齢者用賃貸住居
土地の有効活用  -マンション・住居系-


駅から近いことにこしたことはありませんが駅から多少離れていても駐車場があればそう不便さは感じません。

学生、単身赴任者、社員寮、お年寄り、入居者には様々なタイプがいます。

吉田鉄工建設株式会社は、街並みを美しくさせる外観、広さと快適さを追求した空間デザインなど入居者の感性を満たすワンランク上の住み心地を実現して、ご好評いただいております。

吉田鉄工建設株式会社がデザインする積極的資産活用です。

豊富なデータと優れた建築・運営・管理ノウハウで環境に優しい建物作りを目指します。
安心してお任せ下さい。




相続税は、最も高い税金のひとつです。節税対策は早ければ早いほど有効かつ有利に展開できます。


かけがえのない財産(土地)は子供の代まで大切に伝えたいものです。土地は売ってしまえば、その時はお金が入りますが、いずれ現金はなくなり、将来に残す資産が減ってしまいます。土地を維持できれば将来の資産も減ることはないのです。


土地の更地のまま所有されている方、農地をお持ちの方、駐車場として使用されている方、老朽化した文化・アパートをお持ちだが、家賃の値上げも出来ずに税金などの維持費だけが増加してお困りの方。土地は有効に利用してはじめて価値の上がるものです。


■借地権割合×借地権割合を評価額から差し引ける
相続を円滑に進めるには、相続税に対する備えもきちんとしておく必要があります。なかでも一番頭を痛めるのは、土地問題だと思われます。

相続税は、相続税評価額に基づいて算出されます。通常、土地は時価の7~8割程度は、評価額となるため土地にかかる相続税を軽減するには評価額を引き下げれば良いのですが、そのために最も有効な対策になるのが、賃貸アパートやマンションを建築することです。 と、いうのも『借地権割合(一般に市街地ほど高い)×借家権割合(通常30%)』を評価額から差し引くことができるからです。

例えば、相続税評価額が2億円の土地があるとします。これが更地であれば、評価額は当然ながら1億円です。しかし仮にそのエリアの借地権割合が60%の場合、賃貸アパートを建築すると評価額は8200万円(=2億円×<1-60%×30%>)まで引き下げられます。
 
■相続税が3分の1以下に軽減されるケースも
建築に際してローンを利用すると、借入金は債務として相続財産の総額から減額することもできます。

主な相続財産が土地というケースは少なくありません。そんなときこそ1Roomマンション経営に取り組みたいものです。きめ細やかなサポートが期待できる業者を選べば、より良い相続対策が実現できると思われます。






TOP事業内容会社概要土地の有効活用物件情報施工実績お客様の声リンク
吉田鉄工建設株式会社
〒581-0052 大阪府八尾市竹淵2丁目150
電話 06-6709-8448
FAX 06-6707-8520
Copyright (C) 2011 Yoshida Iron Builder,Inc. All Rights Reserved.